スポンサーリンク

ゲームで協力プレイを恐れる「マルチプレイ恐怖症」が世の中には一定数存在するらしいwwww

1: 2019/03/31(日) 14:46:29.18 ID:2PdmSDPRM
「自分のプレイが味方に迷惑を掛けていないだろうか?」などとマイナス思考になり、ゲームを遊ぶのが怖くなってしまう――。
そんな気持ちを、「マルチプレイ恐怖症」と称したツイートが大きな反響を呼んでいます。

例えば、「自分のせいで他人が不利益を被るのが申し訳ない」「自分以外と組んでいれば、仲間はもっと良い戦いができたのでは」「ヒーラー(回復係)など責任のある立場だとなおさらつらい」など。
「遊びのために気負いすぎ」ともとれますが、互いに時間を使って遊ぶ以上、足を引っ張って仲間に徒労感を味わわせてはいないかと、罪悪感を覚えるのも無理からぬことです。
こうした思いが単なる杞憂であれば、気持ちの持ちようで解消もできるのですが、ネットゲームでは他人のプレイにきつめの注文をする人が一定数いるのも事実。
それがいわゆる“エンジョイ勢”を萎縮させているのではないかと指摘する声もあります。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/27/news098.html

//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む
Source: わんこーる速報!

スポンサーリンク

フォローする