スポンサーリンク

【半額シール】飲食店の売れ残りを格安で入手できるサービス「TABETE」が正式リリース(画像あり)

1: 風吹けばまんぷく 2018/05/12(土) 12:24:54.42 ID:mob5HrE60 BE:932354893-PLT(12931)
飲食店の売れ残りを格安で入手できるサービス「TABETE」が正式リリース 早速ワンコインで弁当を買ってみた

日本で1年間に食料廃棄処分される食料は621万トン。
「フードロス」が問題視される中、廃棄せざるを得ない食事とユーザーをマッチングさせるフードシェアリングサービス「TABETE」が4月下旬、正式にリリースされた。

同サービスを提供するのは、フードシェアリング事業を行うコークッキング。
ロスが発生しそうになった登録店舗が食品の情報を「TABETE」に掲載する。
その情報を見た一般ユーザーが食品をネット上で購入し、期限までに店頭に取りに行き”レスキュー”するというものだ。

正式にリリースから約1週間後の5月8日現在、登録店舗数は東京近郊の飲食店約110店舗で、ユーザー登録数は約1万5000人。
1日平均3食前後、合計70食程度レスキューされているという。

■弁当、居酒屋メニューにケーキまで! 出品数は夕方~夜にかけて増える傾向

公式サイトをキャプチャ
no title

筆者も同サービスに登録し、レスキューを試みた。
登録料は無料で、購入する際は事前にクレジットカードで支払う。
平日16時頃に公式サイトを確認すると、3店舗の「レスキュー待ちの商品」が掲載されていた。

六本木にあるヴィーガン料理の「Veganic to go」からは有機イチゴのカスタードタルト、表参道の「ハラカラ。南青山店」からはオニオンリングが出品されていた。
仕事帰り、夕食を手に入れたい筆者は、人形町のカレー屋「バシカレ」のタンドリーチキン弁当を選択した。

価格は通常650円のところ500円のワンコイン。
店舗側は出品理由として「雨で売れ残りが多く、賄いで食べるには多すぎるのでどなたかお願いします!」とコメントしている。
店側が指定した引取予定時間も22時までだったのが、ありがたかった。

購入時に入力した情報は「引取予定時間」「個数」「メー◯アド◯ス」「クレ◯ット◯ード情報」のみ。
手続きは簡単だ。すぐ注文詳細が記載されたメールが送付された。

https://news.careerconnection.jp/?p=53903

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526095494/


続きを読む

Source: まんぷくにゅーす

スポンサーリンク

フォローする